外国人ビザ(在留許可)・帰化申請サポート

 

 

 

 


こんなお悩みはありませんか?

  • 国際結婚したけど配偶者ビザがもらえるか心配。
  • 自分でビザを申請したら不許可になってしまった!どうすればいい?
  • 外国人を雇いたいけどビザはもらえる?
  • 転職したけどビザはどうなる
  • 外国から子どもを呼び寄せたいけどどうすれば?
  • 平日仕事を休めないので準備や申請が大変
  • 帰化申請したいけど、自分は許可になる?
  • 日本で起業して経営管理ビザを取りたい!

 

この中でひとつでも当てはまるものがあれば、外国人ビザ・帰化サポート 行政書士事務所Office Araiにお気軽にご相談ください。

ご注意ください!自己申請にはこんなリスクがあります

 

不許可リスクが高まります

 

ビザ(在留資格)の申請自体は自分で行うこともできますが、申請にあまり慣れてない人が行うと提出書類や説明が不足してしまい、不許可になることがあります。

 

例えば、必要書類は入国管理局のウェブサイトに書かれていますが、それはあくまでも申請を受け付けてもらえる必要最低限の書類でしかありません。許可を受けるためには、申請する内容が真実であること、在留資格許可の基準に達していることをひとり一人の状況に合わせて証拠資料を準備し、自分で立証しなければならないのです。

 

「証拠資料」や「立証」と聞くとまるで裁判のようですが、提出先が裁判署ではなく、入国管理局になるだけで、目的は同じです。申請書類は相手(入国管理局)をいかに納得させられるかにかかっていると言っても過言ではないのです。

 

また、一度不許可になるとその記録は入国管理局の記録として保存されます。前回の申請と矛盾した資料を提出してしまったりするとその後の審査が不利になります。自己申請では、以前何を提出したかの記録を残していないことがほとんどです。判断を誤るとその後のビザ(在留資格)取得に大きなマイナスになってしまうのです。

 

裁判で法律の知識がある弁護士を雇わなければ不利になるのと同じく、ビザ(在留資格)の自己申請にはリスクがあるのです。

 

 

時間や労力の無駄になります

 

必要書類が足りなかっただけであれば再度提出することで許可になりますが、その度に仕事を休んで何度も役所に書類を取りに行ったり、入国管理局に足を運んだりする必要があります。不許可になれば何か月も余分にかかってしまいます。時間や労力が無駄になるだけでなく、なかなか許可にならないことで精神的なストレスにもなります。

 

ビザ(在留資格)申請専門の行政書士に依頼すれば、貴重な時間や労力を節約できるだけでなく、不必要なストレスからも解放されるのです。

 

自己申請のリスクを避け、短期間で確実に許可を得るためには、ビザ(在留資格)申請専門の行政書士に依頼するのが一番の近道なのです。

ビザ(在留資格)申請で失敗しないためのコツ

 

 

では行政書士に頼みさえすれば必ず最善の結果が得られるのかと言えばそうではありません。

 

まず、行政書士の業務範囲はとても広いため、全ての行政書士がビザ(在留資格)申請を行っているわけではありません。建設業許可や相続・遺言などを専門分野とする行政書士事務所もたくさんあります。

 

ビザ(在留資格)申請を扱っている行政書士は特別の研修を受け、申請取次行政書士として登録されていることがほとんどです。申請取次行政書士であれば、お客様に代わって入国管理局にビザ(在留資格)の申請を行うことができるのです。

 

さらに、申請取次行政書士として登録していても、実際の業務は他の分野がほとんどで、ビザ(在留資格)申請は「依頼があればやりますよ」という程度の事務所もたくさん存在します。ですから、申請取次行政書士であれば全員が同じレベルの知識・経験を持っているというわけではないのです。

 

確実にビザ(在留資格)を得たいなら、在留資格申請を専門とする申請取次行政書士に依頼するのが絶対におすすめです。

 

当事務所ではビザ(在留資格)申請など外国人サポートを専門としており、過去の多数の許可・不許可事例についても研究しています。許可の可能性を高め、スムーズに審査される申請書類作成のポイントを熟知していますので、より早く確実に許可という結果に結びつけることができます。

当事務所の5つの特徴

  1. ビザ(在留資格)申請を専門とする申請取次行政書士が対応   

     

    私たちはビザ(在留資格)申請のプロとしての豊富な専門知識を持っています。数多くの許可・不許可の事例についての情報がありますので、申請に関して的確な判断が可能です。

  2.  

     

  3. 最短・最善の結果へのこだわり    

     

    許可の可能性を高め、スムーズな審査を受けるための申請書類作成のノウハウがあります。4か月かかると言われた申請が2か月で通るなど、自分で申請をする場合に比べてより短い期間で結果を出すことができています。 ※期間を保証するものではありません。

  4.  

     

  5. 返金保証    

     

    当事務所で許可になると判断したにもかかわらず不許可になってしまった場合には無料で再申請、場合によっては再々申請まで対応いたします。それでもどうしても不許可になってしまった場合には全額返金いたしますので、ご安心ください。

  6.  

     

  7. 一度の依頼で相談ずっと無料    

     

    一度でも当事務所でスタンダードプラン以上をお申込みのお客様にはその後のビザ相談を無料でお受けいたします。ご依頼後もずっと安心して日本で生活できるよう、更新のポイント、永住許可申請のポイントなども無料でアドバイスいたします。

  8.  

     

  9. 外国人サポート実績15年以上(ボランティアを含む)     

     

    英語(タガログ語・カンボジア語も可)での対応が可能です。日本語を使用する場合にも、外国人の方が理解しやすい言葉でのコミュニケーションを心がけています。同席される日本人の方・通訳の方だけでなく、ご本人にきちんと納得していただいてからお申込みをいただきますのでご安心ください。

お客様の声

 

当事務所をご利用されたお客様の喜びの声はこちら

サービス料金表

 

予算に合わせて3つのプランをご用意しています。

 

ビザ(在留資格)申請サービス料金

 

プラン名

フルサポートプラン

 

※書類集めから申請まですべてお任せしたい人におすすめ!

スタンダードプラン

 

※標準プラン 
お客様は書類を集めて送るだけ!

ライトプラン

 

※相談&書類作成のみの格安プラン

外国から呼ぶ(在留資格認定証明書交付)

100,000円

80,000円

60,000円

ビザの種類を変更する(在留資格変更申請)

100,000円

80,000円

60,000円

ビザを延長する※(在留資格更新申請)

50,000円

 

30,000円

2,000円

永住許可申請 会社員(会社社長・役員)

100,000円

(125,000円)

80,000円

(105,000円)

60,000円

(85,000円)

 

その他、理由書作成のみ、コンサルティングのみなども対応いたします。

 

詳しい料金表、含まれるサービスについてはこちらをご覧ください。

ご依頼までの流れ・事務所までのアクセス

 

 

北関東自動車道

前橋南ICより5分

 

 

 

よくあるご質問

無料相談ではどんなことを教えてもらえますか?

詳しく状況をお聞きして、ご希望のビザ(在留資格)が許可になりそうかどうか判断いたします。

自分で申請したいのでアドバイスだけもらえますか?

ご自分で申請されるお客様には有料相談(5,000円/1時間)でより具体的なアドバイスをいたしますのでご利用ください。

自宅が遠いので事務所に行くことができないのですが。

まずはお電話か無料相談のお申込みフォームからご連絡ください。電話・スカイプによる相談の予約もお受けいたします。

県外(または海外)在住ですが対応してもらえますか?

当事務所は群馬県前橋市にございます。群馬県、埼玉県、栃木県、長野県、新潟県のお客様の申請を取り扱っておりますが、コンサルティングのみ、書類作成のみであれば全国対応いたします。海外在住のお客様でも対応可能ですのでお問合せください。

電話で簡単に教えてもらうことはできますか?

詳しく状況をお聞きしないと正確な判断ができかねます。まずは無料相談をお申込みください。

 

代表者あいさつ

 

 

外国人サポート専門 行政書士事務所 Office Arai 代表の新井三津子です。

 

当事務所ではビザ(在留資格)申請をメインに、日本に住みたい外国籍の方々のサポートを専門に行っています。
申請そのものはご自分で行うこともできますが、平日に仕事を休んで書類を集めたり、何度も入国管理局へ足へ運ぶ必要があるなど、時間や労力の無駄が多くなるだけでなく、書類の不備や説明不足による不許可リスクが高くなります。

 

当事務所では入管法などの知識はもちろん、数多くの過去の許可・不許可事例を研究しています。許可の可能性を高め、スムーズに審査されるための申請書類作成のノウハウを持っていますので、自己申請よりもより短期間で、より確実に許可を得ることができます。

 

当事務所で許可になると判断したにもかかわらず不許可になってしまった場合には、無料で再申請、場合によっては再々申請まで対応いたします。それでも不許可になった場合には全額返金させていただきます。

 

また外国人サポート15年以上の実績を持っており、英語・タガログ語・カンボジア語でのコミュニケーションが可能です。たとえ日本語であっても簡単で理解しやすい言葉を使うことにより、外国人の方に十分納得していただいてからお申込みをいただいていますのでご安心ください。

 

さらに、当事務所でスタンダードプラン以上を一度でもお申込み頂いたお客様にはその後のビザ相談をずっと無料でお受けいたします。その後の更新のポイント、永住許可申請のためのポイントなども無料でアドバイスいたします。
無料相談は来所、または電話・スカイプで行っておりますので、お気軽にお問合せください。

 

 

行政書士  新井 三津子
日本行政書士連合会 第16140920号
群馬県行政書士会所属
入管申請取次行政書士 (東)行16第237号

 

<主な経歴>
2000年よりフィリピン人をはじめとした群馬県内に住む外国人をサポートするボランティアに携わる
2008年〜2011年にはカンボジアで自らも外国人として生活
言葉が通じないもどかしさや、買い物ひとつに消耗するという体験をする
帰国後、より深く外国人の生活サポートに携わりたいとの思いから
2016年5月 行政書士事務所 Office Arai を設立

 

<その他の資格・特技>
教員免許(社会科)
英検1級
タガログ語
カンボジア語

 

初回相談無料!