外国人ビザに関する質問:本国にいる両親を呼び寄せるには?

 

本国にいる両親を呼び寄せて一緒に住みたいのですが、ビザ(在留資格)はもらえますか?という質問を受けることがあります。

 

子どもたちは皆家を出て仕事をしているので、高齢の親だけで暮らすのは心配だ、というのは世界共通の悩みです。日本人でも地方で暮らす両親が自分たちで生活するのが困難になった場合どうするかというのは悩ましい問題です。

 

特にアジア圏では2世帯、3世帯で同居するのはごく当たり前のことなので、生活が安定したら親を呼び寄せて一緒に暮らしたいと思うのは自然な流れです。親が高齢になっている場合はもちろんですが、まだ比較的元気なうちには、小さい子どもの世話をお願いできるというメリットもあるからです。

 

ただ、日本で暮らす外国籍の人にとって問題になるのはビザ(在留資格)です。結論から言うと、両親を呼び寄せて一緒に住めるビザ(在留資格)というものはありません

 

在留資格の中には「家族滞在」というカテゴリーがありますが、これは配偶者と未成年の子どもだけが対象です。子どもであっても成人していると、特別な事情がない限り認められません。

 

また「定住者」というのもありますが、この対象になるのは日本人の子どもやその孫、また日本人の子どもを養育する離婚した外国人親などです。扶養が必要な親というのは含まれていません。

 

このように、一般の外国人が親を呼び寄せたいと思っても、実際はなかなか難しいことが現実なのです。※収入が一定以上の「高度人材」の場合には、孫の面倒をみてもらいたい場合などに親を呼び寄せることが可能です。高度人材についてはこちらをご覧ください

 

では絶対無理なのかというと、そういうことでもありません。必ず許可されるという保証はありませんが、許可になったケースがあるのは事実です。その場合には「特定活動」というビザ(在留資格)が与えられます。誰も世話する人がいない高齢者を放っておけというのはあまりにも非人道的だからです。

 

ではどんな場合なら許可される可能性があるのでしょうか。絶対的な基準ではありませんが、親が高齢または病気である場合で、さらに子どもが全員外国に住んでいるため誰も世話ができない場合などは申請してみる価値はあるかも知れません。

 

たとえこのケースに当てはまるとしても、許可はあくまでも人道的な見地から例外的に与えられるものです。一般的なケースではありませんし、申請書に添付する書類なども個々の事情によって異なりますので、ご自分で申請される場合でも事前にビザ申請専門の行政書士に相談されることをお勧めします。

 

初回相談無料!