フィリピン人の彼女・彼氏を日本に招待するには?

 

旅行先で知り合ったフィリピン人の彼女・彼氏を日本に招待したい場合、知人訪問を目的とした「短期滞在」のビザ(査証)を、現地の日本大使館に申請することになります。

 

※フィリピンから日本に観光旅行をする場合、指定された旅行会社を通じてパッケージツアーを利用た場合は簡単な手続きでビザ(査証)が発行されます。ただし、知人を訪問するという目的の場合には適用外となります。くわしくは在フィリピン日本大使館のホームページをご覧ください。

 

※彼女とすでに婚約している場合ても同じ手続きが必要です。

 

ビザ(査証)申請に必要書類はこのようなものです。

 

  1. パスポート
  2. 査証(ビザ)申請書
  3. 申請用写真1枚4.5cm×4.5cm
  4. 出生証明書(NSO発行)
  5. 婚姻証明書(既婚者のみ)
  6. 滞在予定表
  7. 知人関係を証明する資料(写真や通話記録など)
  8. 招へい理由書
  9. 預金残高証明書
  10. 納税証明書原本及びコピー
  11. ※HとIはフィリピンの本人または本人を扶養する者で提出が可能な人のみ

  12. 日本人の住民票
  13. ※日本人が旅費を負担する場合には下記の書類も提出

  14. 身元保証書
  15. 所得証明書(または総所得額の記載がある納税証明書)

 

太字の部分は日本人の側で用意してあげて(必要に応じて友人関係を説明する資料も)、フィリピンの彼女・彼氏に送ってあげます。彼女・彼氏はそれらの書類にパスポートや出生証明書を添えて日本大使館に申請します。

 

住民票など、証明書類の使用期限は取得から3か月ですので、ぐずぐずして期限が切れないように注意しましょう。

 

ビザ(査証)は申請から約1週間で発行されます。受け取ったら3か月以内に入国します。

 

万が一不許可となった場合には、特別な理由がない限り6か月間は同じ理由での申請はできません。不許可になるリスクを減らすためにも、事前にビザ専門の行政書士にご相談ください。

 

初回相談無料!