ビザ(在留資格)申請で失敗しないためのコツ

 

「自分で申請することにはデメリットがあることは理解した。じゃあどうすればいいの?」

 

ビザ(在留資格)申請は、行政書士に頼みさえすれば必ず最善の結果が得られるのかと言えばそうではありません。

 

まず、行政書士の業務範囲はとても広いため、全ての行政書士がビザ(在留資格)申請を行っているわけではありません。建設業許可や相続・遺言などを専門分野とする行政書士事務所もたくさんあります。

 

ビザ(在留資格)申請を扱っている行政書士は特別の研修を受け、申請取次行政書士として登録されていることがほとんどです。申請取次行政書士であれば、お客様に代わって入国管理局にビザ(在留資格)の申請を行うことができるのです。

 

さらに、申請取次行政書士として登録していても、実際の業務は他の分野がほとんどで、ビザ(在留資格)申請は「依頼があればやりますよ」という程度の事務所もたくさん存在します。ですから、申請取次行政書士であれば全員が同じレベルの知識・経験を持っているというわけではないのです。

 

確実にビザ(在留資格)を得たいなら、在留資格申請を専門とする申請取次行政書士に依頼するのが絶対におすすめです。

 

当事務所ではビザ(在留資格)申請など外国人サポートを専門としており、過去の多数の許可・不許可事例についても研究しています。許可の可能性を高め、スムーズに審査される申請書類作成のポイントを熟知していますので、より早く確実に許可という結果に結びつけることができます。

 

初回相談無料!