経営管理ビザ

 

会社を設立したら経営管理ビザ(在留資格)の申請を行います。留学生が卒業前に会社を設立することもできますが、留学の在留資格では役員報酬を受け取ることはできません。必ず経営管理に変更しなければなりません。

 

本人がまだ海外在留なら、協力者となった日本人あるいは日本在住の外国人が認定証明書交付申請をして呼び寄せる形になります。

 

経営管理ビザの申請に必要になるのは、通常の申請書のほか、設立した会社に関する資料、事業の見通しを示した事業計画書や、事業所が確保されていることを証明する書類、500万以上の出資があったことを証明する資料などです。500万円をどのように工面したのか、その出所についても説明しておく必要があるでしょう。

 

経営管理ビザは通常1年ですので、更新の際には決算書など、会社の1年の業績がわかるものを提出する必要があります。その際、業績が良ければそれに越したことはありませんが、あまり良くなかった場合には、その理由を説明する資料や、今後の事業計画などについてさらに説明が必要になります。

 

初回相談無料!