会社の形態

一口に会社といっても、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社などいろいろな種類があります。新しく会社を作る場合、まずは会社の形態を決めなければなりません。

 

この中でも合名会社と合資会社では代表者の責任が大きいため、あまり一般的ではありません。そのため、通常は株式会社または合同会社を選ぶことになります。

 

株式会社と合同会社では、合同会社のほうが設立費用も安く、経営上の事務処理も簡単です。意思決定や利益配分を出資比率に関わらず自由に決定できるというメリットもあります。飲食店などのサービス業など、会社名とは別の屋号で営業する場合や、とりあえず法人を作りたいという場合には合同会社を選ぶメリットは大きいでしょう。

 

ただし、税制上のメリットは特にありませんし、知名度の点では株式会社に劣ることは確かです。将来株式による資金調達を検討している人、上場を目指している人はもちろん、貿易など会社同士の取引が多くなるような業種の場合には株式会社の方が信用度が高くなるのでお勧めです。

 

おすすめ会社形態

 

飲食店などのサービス業 → 合同会社

 

他の会社と取引がある → 株式会社

 

以下のページでは外国人が会社を設立する方法について解説します。

 

初回相談無料!