企業内転勤

 

企業内転勤の例として代表的なのは、海外にある日本企業の支社から日本にある本社へ転勤する、または外国企業の本社から日本にある支社に転勤するケースです。

 

そしてこの「転勤」は単に本社⇔支社の異動だけではなく、

 

・親会社・子会社間
・本店・支店・営業所間
・親会社・孫会社間及び子会社・孫会社間
・子会社間
・孫会社間
・関連会社へ

 

なども含めることができます。

 

企業内転勤の資格で行うことができる業務は「技術・人文知識・国際業務」で行える業務の範囲であれば何でも行うことができます。

 

企業内転勤では学歴や実務経験年数などの要件はありませんが、1年以上外国にある本店や支店で勤務していることが必要になります。また、関連会社の場合は、資本関係などを明らかにする証明が必要となります。

 

また、企業内転勤では「期間を定めていること」も必要になります。ずっと日本で働くためには他の在留資格に切り替える必要があります。

 

初回相談無料!