経営管理ビザ

 

経営・管理ビザとは、日本で会社を設立した社長のほか、取締役・部長・支店長・工場長など、事業の経営・管理に関わる業務を行う外国人のための在留資格です。

 

現在の日本では資本金1円で自宅を住所にしても会社をつくることができますが、経営・管理ビザを取得しようとする場合には、どんな会社でもいいというわけではありません。

 

外国人が日本で事業経営を開始する場合や事業に投資して経営または事業の管理に従事するなどの場合に次のような条件があります。
@事業所として使用する施設(事務所や店舗など)が日本に確保されていること
A事業がその経営または管理に従事する者以外に2人以上の常勤の職員が従事する規模であること

 

上記Aの条件、2人以上の常勤の職員が従事する規模であることについてですが、社員がいない場合でも500万円以上の投資がある場合には同様の規模があると判断されます。

 

また、外国人がすでに日本にある事業の管理に従事しようとする場合は
@事業の経営または管理について3年以上の経験(大学院で経営や管理を専攻した期間を含む)があること
A日本人と同等額以上の報酬を受けること
といった条件があります。

 

経営管理ビザについてはこちらもご覧ください。

 

初回相談無料!