ビザ・査証・在留資格の違い

 

一般に日本に住んでいる外国人がビザという場合、正確には「在留資格」を指すことが多いです。

 

本来のビザは「査証」のことで、外国にある日本の大使館や領事館がパスポートをチェックし、「日本に入国しても問題ない」と判断した場合に発行される、いわゆる入国許可証のようなものです。

 

空港などでは原則として有効なビザを所有していることが上陸の要件となっています。入国管理官がパスポートに押された(あるいはシールで貼られた)査証を確認して、それに見合った在留資格を付与します。

 

つまり査証は大使館あるいは領事館が出すもので、在留資格は入国管理局が与えるものです。同じものだと考えてる人が多いようですが、実際は全く別のものです。査証が出ても空港での入管審査で上陸拒否となったり、逆に入管から在留資格認定証明書が出ているのに大使館で査証を交付されない、という事態もあるので注意が必要です。

 

日本にいる外国人にとってみれば大使館も入国管理局も同じ「日本政府の機関」ですし、在留資格をビザと呼ぶのが一般的になっていますので、このサイトでも就労ビザ、配偶者ビザなどと表記しています。

 

初回相談無料!