配偶者ビザ申請のポイント

 

外国から配偶者を呼び寄せる、在留資格を変更するのいずれの場合であっても、「日本人の配偶者等」の在留資格、つまり配偶者ビザを取得しなければならないことには変わりがありません。

 

以下ではこの配偶者ビザを取得する方法やポイントについて解説します。

 

必要書類
・在留資格認定証明書交付申請書
・写真(4p×3p)
・申請人(外国人)の国の機関から発行された結婚証明書
・配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書
・配偶者(日本人)身元保証書
・配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し
・質問書
・スナップ写真2〜3枚
・392円切手を貼付した返信用封筒

 

以上は入国管理局のホームページで提示されているリストです。
http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_NINTEI/zairyu_nintei1.html・

 

これらは必要最低限のリストなので、確実に1回で許可をもらうためには、個々の状況に応じて説明資料を追加して提出する必要があります。

 

追加書類の例
・履歴書(外国人)
・最終学歴の卒業証明書(外国人)
・日本語の能力を証明するもの(外国人)
・戸籍謄本(日本人)
・在職証明書(日本人)
・給与証明書(日本人)
・国際電話やメールの記録
・自宅の写真
・自宅の不動産賃貸借契約または登記事項証明書
・扶養者の預金通帳のコピー
・両親や友人の嘆願書(ケースによって)
  など

 

不許可になるのは、偽装結婚が疑われた場合や日本人配偶者の扶養能力(つまり経済力)に不安があるようなケースが多いようです。

 

申請のポイントとしては、入国管理局に不安材料を与えないよう、最初から十分な証拠を積み上げておくことです。また、入国管理局に不安を与えそうな点(収入が低いなど)がある場合には十分な説明を加えておく必要があります。

 

「自分たちは偽装結婚なんかじゃないから大丈夫」と甘く見ていると、なかなか許可が下りずに何カ月も離れ離れになるなど、不安な気持ちで過ごさなければならなくなってしまうかも知れません。

 

 

 

配偶者ビザのことならプロにお任せください!


 

当事務所では、お2人が日本での幸せな生活を一日も早くスタートさせられるよう、確実に許可を得られるような申請を全力でサポートさせていただきます。

 

万が一不許可になった場合には無料で再申請させていただきます。

 

ご自分で申請したい方には有料にて相談(1時間5000円)を受け付けておりますのでご利用ください。

 

初回相談無料!