帰化申請に必要な書類

 

帰化の条件を満たしていることを確認したら、次に帰化申請に必要な書類を確認しましょう。

 

必要な書類は大きく分けると次の4つに分けられます。

 

@ 作成する書類(申請書類一式)
A 取り寄せる書類
B 手持ちの書類の写し
C その他

 

 

それぞれについて細かくみていきましょう。

 

@ 作成する書類

 

これには次のようなものが含まれます。

 

1、 帰化許可申請書
2、 帰化の動機書
3、 履歴書
4、 宣誓書
5、 親族の概要を記載した書面
6、 生計の概要を記載した書面
7、 事業の概要を記載した書面
8、 自宅勤務先等付近の略図

 

A 取り寄せる書類

 

1、 本国法によって行為能力を有することの証明書 
例:韓国の「家族関係登録証明書」、台湾の戸籍謄本

 

2、 在勤および給与証明書、最終学校の卒業証明書、中退証明書、在学証明書

 

3、 国籍を証明する書面または国籍の離脱または喪失証明書 
例:国籍証明書や戸籍謄本など。これらが入手できない国の場合は出生証明書。 

 

4、 身分関係を証する書面     
例:出生証明書や婚姻証明書、親族(親子)関係証明書など。身分関係に裁判    等があった場合には裁判書、審判書、調停調書の謄本。申請者の親や配偶者などが日本国民である場合にはその人の戸籍謄本。帰化して日本人になった人がいる場合は帰化当時に作成された戸籍の謄本。申請者が日本で出生、婚姻離婚、養子縁組をして日本の市町村役場に届出をしている場合には、出生届、死亡届、婚姻届、養子縁組届、認知届など。配偶者および子が日本人である場合はその住民票の写し。

 

5、 住民票・閉鎖外国人登録原票 

 

6、 納税証明書 
例:国税および地方税(自動車税や固定資産税も)

 

7、 法廷代理人の資格を証する書面 
※申請者が15歳未満の場合

 

8、 会社の登記事項証明書(登記簿謄本) 
※申請者または申請者の配偶者等が経営者・または親・兄弟の経営する会社の取締役である場合。

 

9、 預貯金の現在残高証明書、有価証券保有証明書、不動産の登記事項証明書(登記簿謄本)

 

10、 運転記録証明書

 

11、 公的年金関係書類 ※直近1年分の年金保険料の領収書など

 

B 手持ちの書類の写し

 

1、 貸借対照表、損益計算書の写し
2、 自動車運転免許証などの技能資格証明書の写し
3、 確定申告書控えの写し(法人、個人)
4、 卒業証書または卒業証書の写し(原本を持参する)
5、 事業に対する許認可証明書の写

 

C その他

 

法務局の担当係官から特別に指示されたものがあればそれを用意します。例:家族全員が写ったスナップ写真、不動産の内部・外部の写真、病気中なら医師の診断書など。

 

初回相談無料!