帰化申請で不許可になってしまったら

 

残念なことに帰化が不許可となってしまった場合

 

法務局から「不許可通知書」が届きます。
 ↓
不許可理由を解消して再申請!

 

不許可になったからといって諦めないでください!

 

不許可の理由をよく調べ、再び申請することは可能です。

 

ご自分で申請された場合、そもそも条件を満たしていなかったという場合もあります。その場合には、再び申請するには何年か待たなくてはいけないという場合もあります。

 

再申請で許可の確率を高めるためには原因を見極め、適切な対応をしなければなりません。

 

一人で悩むよりも専門知識のある行政書士にご相談ください。

 

当事務所で申請をされた方には無料で再申請をサポートさせていただきます。

 

初回相談無料!