帰化申請

 

日本国籍を取りたい
日本のパスポートが欲しい

 

日本人として安定した生活を送りたいあなたをサポートいたします。

 

日本にはさまざまな国籍の方が住んでいます。

 

こうした外国籍の方が日本の国籍を取得したいと思ったときには「帰化許可申請」という手続きを行います。

 

帰化許可申請(ここでは略して帰化申請とします)の流れは次のようなものになります。

 

帰化申請の流れ

 

@必要な添付書類を集める
  ↓
A申請書類を作成する
  ↓
B申請書類・添付書類を法務局に提出する
  ↓
C許可不許可の決定

 

一見簡単に見えますが、実際には必要とされる添付書類は非常に多く、さまざまな役所から数多く集めなくてはなりません。

 

また、申請書も1枚書いて終わりというものではありません。ほかにも動機書親族に関する書面生計に関する書面など、たくさんの書面を作成しなければなりません。

 

申請すればすぐに許可されるといいうものではなく、限られた法務局の係官が提出された書類に基づいて調査が行われるのを待たなくてはなりません。そのため申請から許可までに1年近く、場合によってはそれ以上かかることもあります。

 

自分で申請をしようと思っても、途中で挫折してしまう人も多いようです。

 

ほとんどの方にとって人生に1度きりの帰化申請ですので、プロにお願いして、手間やストレスから解放されることが賢い選択だといえるでしょう。

 

当事務所では帰化申請サポートを行っています。

 

詳しくはお問合せください。

 

料金についてはこちらをご覧ください。

 

初回相談無料!

 

 

 

 


帰化申請サポート記事一覧

帰化申請を行うには、まず帰化の条件を満たしているかどうかを確認しなければなりません。帰化には大きく分けて7つの条件があります。帰化の条件1 引き続き5年以上日本に住所を有すること2 20歳以上で本国法によって能力を有すること3 素行が善良であること4 生計を営むことができること5 現在国籍を有しないこと、または日本の国籍の取得によってその国籍を失うこと6 政府を暴力で破壊することを企てる等を目的と...

帰化の条件を満たしていることを確認したら、次に帰化申請に必要な書類を確認しましょう。必要な書類は大きく分けると次の4つに分けられます。@ 作成する書類(申請書類一式)A 取り寄せる書類B 手持ちの書類の写しC その他それぞれについて細かくみていきましょう。@ 作成する書類これには次のようなものが含まれます。1、 帰化許可申請書2、 帰化の動機書3、 履歴書4、 宣誓書5、 親族の概要を記載した書面...

晴れて許可!となった場合でもそれで手続きは終わりではありません。帰化後に必要となる手続き・帰化の届け出(1か月以内)・在留カードまたは特別永住者証明書を返納(14日以内)・パスポートの返納・入国管理局へ帰化の申出・運転免許証、保険証などの変更帰化が許可となると、法務局から身分証明書が交付されます。その場合、1か月以内にこの身分証明書を添付して現居住地または新たに定めた本籍地の市町村役場に「帰化の届...

残念なことに帰化が不許可となってしまった場合法務局から「不許可通知書」が届きます。 ↓不許可理由を解消して再申請!不許可になったからといって諦めないでください!不許可の理由をよく調べ、再び申請することは可能です。ご自分で申請された場合、そもそも条件を満たしていなかったという場合もあります。その場合には、再び申請するには何年か待たなくてはいけないという場合もあります。再申請で許可の確率を高めるために...

帰化申請は申請書類を作成し、必要書類をすべて集めればご自分で行うこともできます。ご自分で手続きをする場合とプロ(行政書士)に依頼する場合のスケジュールを比較すると自分で申請を行う場合行政書士に依頼する場合法務局に電話で相談予約 ↓帰化申請を専門に扱う行政書士にメールまたは電話で相談予約 ↓相談 ↓依頼・着手金の支払い ↓法務局で相談 ・帰化が可能かどうかを確認した後、必要書類を教えてもらう ↓書類...