国際結婚サポート

 

国際結婚したけど、配偶者ビザを取るには?
国際結婚を予定しているが、手続きはどうしたら?

 

素早く確実に!
「日本人の配偶者等」の在留資格申請を全力でサポートいたします!

 

 

日本人と外国籍の人が結婚すれば、外国籍の配偶者は自動的に日本に入国できるというわけではありません。

 

国際結婚の手続きを行うことのほかに、「日本人の配偶者等」という在留資格(ビザ)を取得する必要があるのです。

 

そして面倒なことに、たとえそれぞれの国での結婚手続きが滞りなく完了して結婚が合法的なものになっても、ビザが不許可になってしまうというケースがあるのが実情なのです。

 

それは結婚の手続きそのものは市町村役場や法務局、大使館等で行いますが、在留資格やビザは入国管理局の管轄だからです。そして入国管理局はビザ目当ての偽装結婚が疑われるケースに目を光らせています。たとえ誠実な愛で結ばれた結婚であっても、入国管理局に疑われる(誤解される)ような要素が少しでもあれば警戒されてしまうのです。

 

かつて偽装結婚が多かった国の場合には審査が厳しくなる傾向があります。本人に落ち度がないのに、説明不足で誤解を招いたために不許可になってしまうこともあります。

 

せっかく入籍したのに一緒に暮らせないという、不安やストレスを生む状況をできるだけ避けられるよう、当事務所では確実な許可のために全力でサポートいたします。
当事務所で申請を行ったお客様で、万が一不許可になってしまった場合には無料で再申請を行わせていただきます。

 

結婚手続きのご相談・お手伝いもいたします。詳しい料金・サービスについてはこちらをご覧ください。

 

 

初回相談無料!

 

 

 


国際結婚手続きサポート記事一覧

好きになった人が外国人だった!日本人同士の結婚であれば、市町村役場に婚姻届を出すだけで完了します。でも、結婚相手が外国籍の人だった場合、手続きは少し複雑になります。結婚手続きは国によって異なりますが、基本的には双方の国の法律に基づいてそれぞれの国で手続きを行わなくてはなりません。外国人婚約者がすでに日本に居住している場合や、日本で結婚手続きを行うために短期ビザを取得できる場合(観光や商用は不可)、...

外国人婚約者がすでに日本に居住している、あるいは結婚の手続きを行うために短期で入国することが可能な場合、日本で先に手続きを行い、次いで相手国の大使館等で届出を行います。日本での手続きに必要になる書類として一般的には、・婚姻届書・戸籍謄本(日本人)・婚姻要件具備証明書(外国人) ・パスポート(外国人)などがあります。「婚姻要件具備証明書」とは、外国人婚約者が独身であり、本国の法律で結婚できる立場にあ...

日本人が婚約者のいる国に居住している、あるいは結婚の手続きのために入国するのに手間がかかるなどの場合、婚約者のいる国で先に手続きを行います。結婚の手続きは国によって違います。日本と同じように必要書類を揃えて役場に届出を行えばいい国もあれば、挙式を執り行う方法や場所が法律によって決められている国もあります。基本的にはそれぞれの国の法律に従って結婚の手続きを行いますが、一般的に日本人が用意する書類には...

結婚の手続きが完了したからといって自動的に外国人配偶者と一緒に日本に暮らせるわけではありません。たとえ日本人の配偶者であっても、外国人が日本に住むためには、入国管理局で「日本人の配偶者等の在留資格」つまり配偶者ビザを申請し、許可を得なければならないのです。配偶者ビザの申請では適切な書類作成が大きなポイントになります。「何もやましいことはないから」と言って甘く見ていると、不許可になり、最悪の場合何か...

申請の方法は外国人配偶者が現在どこに住んでいるかによって異なります。1 外国人配偶者が外国に住んでいる場合   在留資格認定証明書の申請(日本の入国管理局)     ↓   在留資格認定証明書を郵送し、外国の現地日本大使館でビザ(査証)の申請     ↓   ビザ発給を受けて入国2 外国人配偶者が日本に住んでいる場合   在留資格の変更申請    ↓   許可 そのまま日本に居住以下のページでもう...

外国人配偶者が本国に住んでいて、これから日本に呼び寄せる場合、まずは日本の入国管理局で「在留資格認定証明書」の交付申請を行います。在留資格認定証明書交付申請について詳しくは下記「配偶者ビザ申請のポイント」をご覧ください。在留資格認定証明書が交付されたら、それを外国人配偶者のもとに郵送し、外国人配偶者がそれを現地の日本大使館(領事館)に提出してビザ(査証)の発給を受けます。ごくまれに例外もあるようで...

外国人配偶者が就労ビザや留学ビザですでに日本に居住している場合、ビザ(在留資格)の変更を行います。必要になる書類は・在留資格変更許可申請書その他「認定証明書交付申請」とほぼ同じ書類が必要になります。在留資格の変更が許可されれば「日本人の配偶者等」として引き続き日本に住むことができます。変更が可能になるのは、原則として外国人が「就労ビザ」や「留学ビザ」を持っている場合のみです。短期滞在からの変更は原...

外国から配偶者を呼び寄せる、在留資格を変更するのいずれの場合であっても、「日本人の配偶者等」の在留資格、つまり配偶者ビザを取得しなければならないことには変わりがありません。以下ではこの配偶者ビザを取得する方法やポイントについて解説します。必要書類・在留資格認定証明書交付申請書・写真(4p×3p)・申請人(外国人)の国の機関から発行された結婚証明書・配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書...

このページでは国際結婚にまつわるいくつかの疑問についてまとめてみました。 国際結婚で名字・戸籍はどうなる? 子どもが生まれた場合の手続きは? 子どもの名前や国籍はどうなるの?初回相談無料!

どんなに幸せそうに見える結婚でも時には問題を抱えます。完璧な夫婦などいないのです。国際結婚カップルは、結婚生活で生じる普通の問題だけでなく、国際結婚独特の問題にも直面しなければなりません。ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝とその英国人の妻をモデルにしたNHK朝の連続テレビ小説では、ドラマとはいえ当時の国際結婚に対する風当たりの強さ、外国に嫁ぐという意味の重さが描かれていました。外国人に対するかつて...